スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログがあります。もし興味がありましたら、またよろしくお願いします。

徒歩でお遍路予定ブログ
スポンサーサイト

静岡県焼津市



9月29日(木)
早朝、私の気配に気づいて去ったのは、掃除のおばちゃんだったのではないだろうか。バス停を掃除しておいた。

136号線。道は平坦。店が道の両脇に建っている。富士山は雪はない。一度溶けたのだろうか。

LEDライトのプラスチップ部品が壊れ、バックから外れてしまった。むしろストラップホールでよく今までもってくれたと思う。ハンドルが今までより安定した。自転車が、もう旅の状態ではなくなったことを悲しく思う。旅が終わって荷物の片付けをしているみたいで。

自炊は面倒なので外食。走る、走る、走る。
1号線なのに自転車が通れないところがあると腹がたつ。今まではそれが普通だと思っていたけど、結構変だ。
静岡県の道はずっと平坦。過ごしやすいです。田舎だけど。
富士市は町中に住宅と工場が混在している変な町で、製紙会社が多いのでパルプ臭い。活気があるのはいいことだ。この町では就職には困らないだろう。私のように、続けていけるかどうかは別の問題だ。

さすがに由井の海岸沿いを水無しで通るのは不安なので、コンビニで買い物。普段なら高くて買わないゼリー状の栄養ドリンクを買う。
今日で最後だ。無理ができる。気合いを入れていこう。

16時、興津。神社入り口で休憩。残り40kmぐらい。もう疲れていて体が動かない。今日中に帰るには、いつもの距離プラス20km走らなければならないのか。きついなあ。シャックリが止まらない。

ぜえぜえはあはあ。ロードバイクを追いかけているうちに楽になった。絶対 脳内麻薬 出ている。
17時、静岡駅前に到着。急加速急ブレーキの危険な運転になっている。構わない。まあ普段からこんな運転をしていたら、誰かを轢くか轢かれているだろうが。

もう立ち止まらない! 進もう 栄光に向かって!

変だな。疲れを感じない。

いつも人生の目の前には困難な舞台があって。・・・!?そうだ、”舞台”はある。津波で 善人悪人関係なく死んでしまう不条理ではないのだ。舞台が用意されていることに感謝しなければ。

やった!到着だ!

やったああああああああ!!!!!!ひゃっほおおおおおおおおおお!!!!!!

ただいま。

ジュース250、すき屋900、コンビニ700。合計1850。

静岡県伊豆市




9月28日(水)
あまり眠れなかった。滑空で上昇気流にのって空を飛んでいた夢 を見たのを覚えている。
寒く、風が強い。晴れ。

136号線は1車線になったりするが、車の通りがあまりないので問題なし。山に囲まれたのどかな土地だ。山からチェーンソーの音が聞こえる。
9時に広場の駐車場で朝飯。豚肉を腐らないうちに食べてしまわねば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なにか趣味を見つけなければ。趣味で楽しい出来事を蓄積した分だけ、仕事や人間関係のつらい事に耐えられると思っている。ストレスの発散方法を持っていない人間は脆い。
昔の人は酒をストレスの発散方法にしていた人が多いようだが。

こんなことを言われた事がある。「誰しも相手と仲良くなりたいと思い、苦労している。勝手に相手に嫌われていると判断しているお前は、相手に失礼だぞ。」

ネットでこんな文章を見かけた事がある。「今の子供が可哀想だと思うのは、不景気で就職先がないだけなのに、就職できないのを自分のせいにして落ち込み、才能の目を潰してしまうことだ。」・・・私には関係ない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

路肩は通常の葉っぱや小枝の他に、台風の影響で太い枝が落ちている。ホイールに巻き込まないように走るのに神経を使う。

日本一周してきて、いろんな きつい道を走り、辛いことが分かっている西伊豆もこれだけ慣れたから楽に走れるだろうと思ったが、そんなことはなかった。
西伊豆は、集落があるたびに、崖の頂上付近から一気に海面まで降る。それの繰り返し。坂は急で、曲がりくねっている。補給地はあまりない。直射日光で暑い。ラストに相応しい道だ。ここからでも富士山がうっすらと輪郭だけ見える。
今まで走ったなかで最も きつい道は、鹿児島の半島、沖縄本島、そしてこの伊豆半島だ。青森の半島を入れてもいいが、青森は涼しいだけ救いがあった。

松崎町は道の脇に、様々なポーズの女体像が50m間隔ぐらいで並んでいる。だが残念、造形がリアルではない。

気分転換に「室岩洞」に行く。石切場跡の人工洞窟らしい。通路案内板や明かりあり。内部は石を切りとった後なので四角で構成されていて、さらに迷路のように入りくんでいた。床が水没している四角い部屋は神秘的だった。まるでエジプト辺りの古代遺跡のようだった。良い秘密基地を発見した。

松崎町の市街地からの道はそれほど険しくない。トンネルが多くある、さすが国道。険しいのは17号線だったか。このまま136号線で内陸に進むから、17号線は通らないけど。

土肥に到着。記憶が繋がった瞬間が嬉しかった。ここは長期自転車旅行の前に、自転車練習旅行で来た場所だ。確かにこの場所に自転車で来た事がある。駿河湾フェリーがある。3日連続雨と17号線の坂のきつさに根が折れて、フェリーに乗って帰ったんだった。

17時半、もう少し進む。明日の朝一番からきつい峠を越えるのは嫌なので、今日に夜を使って越えてしまおう。
途中には、人家から離れたバス停や、車止めのある旧道があって、ここで野宿でもいいと思った。車は夜で飛ばしていて早い。

20時。今日の野宿地は、トンネルと橋の連続で作られたバイパスの方の道の、山道の途中にあるバス停。コンクリートブロック製の小屋だ。始発は7時50分。電話ボックスからの明かりがある。少し離れた場所に明かりがあるので、看板か自販機だと思って確かめに行ってみたら、自販機だった。しかも100円。水にも困らないとなると、完璧じゃないですか。ケータイの電波が通じるのはさすがドコモだと思った。

ジュース550、コンビニ1000。合計1550円。


●コメント返信
>ヒトリダチ様
>ダメ人間だとは僕は思えません。
>yoshi様
>もうすぐ ゴールだね
励まし・慰めのコメントありがとうございます。とても励みになります。ここまで来たら、最後まで事故なく生還したいです。
なにかこのブログが、人生の暇潰しにでも、役に立てれば幸いです。
自虐は、私にとっての精神安定剤というか、もはや「趣味」のようなものなので、こんなものだと思っていただければいいです。

ヒトリダチ様。ブログ見させてもらっています。(すみません、私自身余裕がないので、現在は写真のみで文章は読んでないです。)だんだんと今後の人生設計が固まってきているようで、なによりです。その人当たりの良さは嫉妬しますよ(笑)。

yoshi様。
私は、上っ面で接っするするという器用な付き合い方はできないです。本音を言うと否定されたときにダメージが大きいですが、仕方がない面です。
どうしてニートは働かないの?とか、どうして加藤氏は秋葉原で無差別殺人をしたのか?とか、人の思考プロセスは予測はできるけど、本当のところは死ぬまで分からないというのが私の考えです。だから一般論で片付けてしまう等して、それ以上考えないようにするしかないのだと思います。人の思考プロセスは、理解してみたいものです。
ブログは日常生活を書くと、書く事(=誰かに知らせたい事)がなくて3日坊主で終わってしまうので、書きません。あと少し続く旅の日記をお楽しみください。

静岡県下田市



9月27日(火)
朝は雨が降っている。天気予報によると午後からは晴れのようだ。頼みますよ。 久しぶりにまともな自炊。腹が痛くなってきた。朝食を終えることには治った。8時半出発。

伊豆半島は、小島が長い年月をかけた大陸移動で日本列島にぶつかって今の状態になった半島なので、地層的に面白い土地ですよ。もちろん温泉も。

道は狭くて坂で自転車を押して歩いていて、台風の影響で何ヵ所かで土砂崩れが発生していて片側通行で渋滞していて、全然進まない。11時の時点でまだ20km。
明るい曇り空になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もうすぐ旅が終わる。終わってしまう。
自殺と隣り合わせの日常生活を送るのは嫌だ。嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ。帰りたくない。
悪い所を指摘されるのは当然だ、最低限の技能や人付き合いすらできていない、悪い所だらけなんだから。最大の問題は、この努力をしなくて向上心が無く 底無しに自信がないネガティブな性格だ。
この旅が貯金を消費して行っている以上、ずっとは出来ない。日常生活で金を稼がなければならない。たとえ稼がずに引き籠ったとしても、飯を食べて糞を出している分だけ、人間関係は発生する。
くそおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
この先どんな人生を歩もうと、小学校から高校まで休み時間を 机に顔を伏せて寝て過ごしてきた青春時代は変わらない。「あいつムカつくから無視しようぜ」などという密約付きだ。そんな人生をいまさらどうやって修正すればいいんだ。くそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!
その場に居ない方がマシな人間。それが私の過去に与えられた評価。つらい。
当然だよね。私には、同じ場所にいるとムカつくだけの悪い部分が、多いにあるもんね。

逆に考えてみよう。Wikipediaによると、日本人の平均テレビ視聴時間は一日平均5時間。この時間は世界で一番長く、病的である。もしこの統計が正しいならば、人付き合いが楽しくてしょうがないと思っているならば、テレビなんか放置して、そっちで時間を消費するはずである。これは何でもできる趣味の時間で、テレビ視聴が大きな割合になっているから言える。いや、いつでも会える知り合いが少ないと言った方が正確か。当然か、家庭を持っているのだから。やっぱ、元から孤独の人間と、家庭があるから孤独になった人間は違うか。

やるしかないだろう。 35人に1人は自殺で生涯を終える日本だぞ。(健康理由の老人が多いけど。)てことは根拠なき予想だが自殺未遂は その10倍はいるんじゃないか? 自殺の成功率を考慮すると、人間そんな簡単に死なないし。 そうでなくても、夜に寝られなくて睡眠薬やら、精神安定剤やら、アルコール中毒やら、家庭内暴力やら、離婚率の高さやら、ストレスの度合いが伺える。戦場だよ。

・・・また旅に出よう。いつか。お金を貯めて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道路脇トイレ駐車場で昼飯。晴れてきた。

15時。下田市まであと20km。ここまで来ると車の通りは連続せずに空きができている。ベンチで休憩。彼岸花が たくさん花壇スペースで咲いている。

調べてみると日本に分布する彼岸花はすべて遺伝的に同一で、三倍体なので種子で増殖することができないそうだ。それなのに花を咲かせるのね。悲しいなあ。生物的欠陥を抱えたまま存在してるじゃないですか。まあそれでも存在できるということは、それでも問題ないということか。

コンビニの張り紙。「ツレがウツになりまして」という映画があるようで、気になった。
現実の鬱の時は、浅い関係の他人が、面倒なわりにメリットがない鬱人など相手にするのか疑問だが。
あと、セブンイレブンの販売するリスカ製の「さくさくしっとりチョコ」の、2.5倍増量タイプが売られていた。これ美味しいもんね。

今日の野宿地は海岸公園。公園というよりは、町の景観を構成する海沿いの飾りのような場所だ。ベンチスペースが腐るほど大量にあるので、一ヶ所を占拠しても問題ないだろう。風が強く、夜の散歩を楽しむ人で人通りが多いので、テントは無理。ベンチの上で寝袋で寝る。すごい、天気予報で降水確率0%なんて久しぶりに見た、明日の午前中まで。

ウチのテントは支柱が3本ある。2本は住居スペースを支えるためで、もう1本は前室を支えるためのもの。前室は使っておらず、いつも支柱無しで垂れ下がったまま使っている。この1本の支柱を解体して2本の修理に使えば良いと気づいた。棒の内側を通るゴムもそれで用意できる。

ジュース150、コンビニ550。合計700円。

静岡県熱海市



9月26日(月)
お年寄りの会話で目が覚める。さっさとテントを片付け。テントの支柱が2箇所折れた、もう寿命だろう。折り畳み式なので、折れた部分の支柱を 負担の少ないサイドに移動させて応急処置としようか。
近くのゴミを拾う。なぜかというと、怪しい人間は 他の悪行も押し付けられがちな傾向があるから。ゴミをポイ捨てしたと思われるぐらいなら、他人のゴミを拾った方がマシだ。
7時。曇り空。天気予報によると雨が降る確率が高くなっている。
乾パン食べて8時出発。どこかでしっかりした朝食を食べなければ。

小田原に到着。ここまで道はそれほど高低差はきつく無かった。雨が降っている。じいさん婆さんを多く見かける。まだ神奈川だが、だんだんと静岡の雰囲気(田舎臭)がしてきた。
雨宿りのためにマクドナルドで昼飯。店内ではロードバイクの3人が、折り畳みチャリや道路状態についての熱い情報交換を交わしている。

旅の目的の一つ、それは親への恩返しだ。親が生きているうちに、「貴方の息子はこんなにすごいんですよ。少なくとも、この家系の血は優秀ですよ。」と示したかった。僕は何の取り柄もなくて、この先、このまま仕事が続かない状態が続くだか、結婚できない状態が続くだか、分からないけど、このまま失敗人間のまま死んでいくんじゃ、一生懸命育ててくれた親に申し訳ないじゃないか。せめて、「うちの子は40にもなって、働けないし一人ぼっちの引き籠りだけど、これでも自転車で日本一周したんですよ。それだけが誇りでねえ。」と、おおいに近所に自慢してくれ。

135号線は坂道で路肩が狭く歩道がなく交通量が多く、さらには雨が降っていて大変だ。熱海の境界からは実用的な歩道があって良かった。
熱海は山の谷間の海に面した場所にホテルなどが建っているのな。鎌倉の海などのように砂浜が平地にずっと続いているのかと思っていた。

熱海というとオタクな僕はラブプラスを連想する。独り身が増えている現代、一人で観光地に来る人が多いとは あまり思えず、どうやって一人でも観光地に来させるかが、今後の観光地を活性化させる一つの焦点なのではないだろうか。その回答の一つが、ゲーム内の彼女と行くラブプラス熱海ツアーだと思う。極端だが。

道路沿いの海岸公園についたのが16時、パック寿司を食べて休憩していたら17時。雨が降っているし服が濡れて寒い(カッパを着ても汗で濡れる)。テニスコートの屋根付き観客席で休憩。もう少し暗くなったらテントを張ろうかな。それか、この先トンネルが多いので、夜まで休憩して、車の通りが少ない深夜に進んでしまうのも良いが。

テントの支柱の応急修理をする。かなり時間がかかったし、しない方がマシだったかも。で、2本ダメにして、支柱が短くなった分だけ、倒壊前の家のような いびつなテントになった。まだ使える。

この公園で野宿することにした。夜にテニス場で何人もの人がプレイしていた。熱海って斜面続きで、平地は狭いよな。

ジュース250、コンビニ650、マクドナルド1100、スーパー1700。合計3700円。

神奈川県鎌倉市



9月25日(日)
川原は朝早くから様々な目的で人が来る。集団で走るような音が聞こえたので ランナーかと思ったら、馬だったでござる。今いる場所の雑木を挟んだ川寄りは馬のトレーニング場になっているのか。
川の下流に浮浪者のブルーシートホームが多く建っていた。

15号線→16→134号線と進む。曇り空。

小さなトンネルが多い。トンネル内の柵付きの一人が通れる程度の狭い歩道だ。
そのうちの一つの長めのトンネルは、道路の左側歩道を入り口から入る私と、出口から入る相手が双方とも、トンネルの深くまで入ってしまって最悪だった。面倒事になるのを恐れて、バックして入り口まで戻り、「すみません」と言葉を出した。相手が去った後ブチギレですよ。まあ、「何で後から入ってきて、相手がいるのに気がついてからも直進してくるんだよ。馬鹿じゃねコイツ」と思っているのは、お互い様だろう。

スーパーで弁当やその他の食料を買い、住宅街の公園で昼飯。

134号線が北上し始めた頃、右足膝の関節が痛みだした。現在14時半。今日は早く出発したので、もう漕いでいる時間が長いか。

この半島はロードバイク乗りが非常に多い。ロードバイクは、一日100km~550km(東京大阪間)走ってしまうらしいので、一日で半島を回るのに都合がいい距離なのだろうか。

17時、もう疲れて今日は無理。道路脇の公園で休憩。公園というよりは、展望台のような場所で、夕日が江ノ島に沈む様子を、多くの人が見ていた。
石碑スペースでテントを張って寝た。夕飯は乾パン。

ジュース250、スーパー1900(米含む)、コンビニ250。合計2400。

東京都太田区



9月24日(土)
晴れ。冷え込む。あと排気ガス臭い。朝食にご飯とライチを食べる。
昨日書き忘れたが、LEDライトはスイッチが壊れたので直付けにした。ライトのオンオフに手間がかかるが、問題なし。
暑くなってきた。カッパを干したりして、9時出発。

歩道で刈払い機の近くを通って危なかった。立ち止まってでも道路を通ればよかった。もし使用者が周りを確認せずに刈払い機を振りかざして、足を切断されていたらと思うとゾッとする。歩道の道刈りで、パイロンも置かず、見張り人もいなくて、刃を回転させたまま、歩行者が通りすぎるのを待っているだか、何か考え事をしているだか、じっとしたままで、ロクな危機管理じゃない。ロクな危機管理じゃないのは、状態を軽視して通ってしまった私も同じだ。

最近のスーパーはエスカレーターが階段ではなく坂なんだな。これだとカートを乗せられるので都合がいいようだ。
357号線を通る。歩道橋や陸橋や橋が多い。公園で昼飯。
15時。道路は立体になって組み合わさっていて、複雑だ。まるで迷路だ。その横の歩道で、まあまあ迷いながらも357号線を走れている。今日は川崎辺りまで進めばいいなと思っていたが、あまり進まない。東京は予想とは違いどこでも寝られそうだ。人工物が多く、芝生の箇所や隠れる場所が多いため。
新木場にやって来た。東京ビッグサイトでも見てこようか、ここまで自転車で来ましたよー、って。で、そこにきた。まさか自転車で来る日が来るとは思わなかった。女性が多いが、今日のイベントをネットで調べると「擬人化王国5 ~擬人化オンリー同人誌即売会~」のようだ。

東京湾トンネル・レインボーブリッジともに自転車が通れないようだ。水上バスを使えばいいらしいが、北上して銀座辺りから15号線を使って南下しようかな。16時。問題は、今日行くか明日行くか。ここなら夜は人が少ないし、公園がある。じいさんがタバコ臭い。行こう。

橋の上から東京スカイツリーが見えた。ロードバイクの人が多い。ロードバイクも普通も自転車も、みんな早い。浮浪者が見当たらない、どこに消えたのだろうか。
日比谷公園・・・。1号線まで来てしまった。17時。どうせなら秋葉原を一目見てこようか。徹夜は元から覚悟している。
で、秋葉原に来た。人が大勢いるなあ。男・女、カップル・単独、関係なく大勢いる。活気があるというか、秋葉原の町が観光地になっている感じだ。メイド喫茶の制服やメイドのコスプレをしたチラシ配りの人が大勢いた。アンドロイドケータイとか、知らないうちに一般人までも機械の最新機種をチェックし、求める時代になっている。日本人総オタク化は始まっているな。物欲主義があるかぎり、秋葉原は存在し続けるだろう。

1号線を進む。日が沈んで暗い。小さな公園で夕飯。ここでも野宿できそうな気がしたが、無理があるようだ。蚊がいて痒いので先に進む。
東京タワーがライトアップされていてきれいだった。

東京は高いビルがボコボコと建っている。よくもここまでビルを建てたものだ。この繁栄を作ったのが日本人なのだから、日本人はすごいものだ。

今日の野宿地は川原の緑地化された場所。題名は本当は「神奈川県川崎市」だけど、東京にしたいのでこれで。川の対岸だしそんなに変わらない。寝る準備を完了したのが21時。

スーパー2050、アイス・ジュース250。合計2300円。

千葉県市原市



9月23日(金)
夜は風が強く、テントが動かないように体で押さえつけながら寝た。
朝、風は静かで穏やかな天気の曇りである。8時半出発。これからの場所、どんどん都会になっていくので寝るのに苦労しそうだな。

127号線。どうしても住宅地を通る道は、道路の拡張工事をしにくいので、道幅が昔のままで狭い。
トンネルが狭い。ただし千葉県は歩行者用トンネルが多く、それを通るのは楽しい。

公園で昼飯。水用ペットボトルの内側に藻が生えていた。たまには替える必要があるな。14時出発。

車が怖いのだ。おねげえしますだー、歩道をくだせえ。館山市から45kmの地点。キター! 幅4mはある高規格歩道! ありがてえ、ありがてえ。

業務スーパーでライチが200円で安かった。問題はその量の多さで、しばらくライチ生活が続きそうである。密かにこのスーパーは全国中にあるね。ミネラルウォーターを6箱買いしている人がいた。原発事故以降、これぐらいが当然の反応だろう。

市原市に入る前後から、16号線の海側が工業地帯になっている。ずっとまっすぐな歩道が続いている。
すき屋で休憩・トイレ・間食。この先は公園は多いようだ。都会の公園で野宿できるかは疑問だ。

20時寝る準備完了。今日の野宿地は運動公園。川との境は木が植えられており、人目を避けられる。台風の影響か太い枝が落ちていて荒れている。テントを張る場所の枝を片付けた。信号のピロピロ音が気に触る。撤収最優先で、展開したのはテントのみ。・・・後でシュラフと耳栓を追加。

東京が近づいてくると、旅が終わりに近づいていることを実感する。あと6日~15日ほどだろうか。残り少なくなっている予算的にも、あまり長くは居られない。
あえて、アレが楽しかった コレが楽しかったと言うほどではないが、全体を通して、自転車旅行は とても楽しい。毎日 新しい風景を見られる。道で会う初対面の人が話しかけてくれるなど、今までの人生では無かったことだ。
どうしても性格上、嫌な事ばかり目がつくので、イライラしてばかりだし、終わりの見えない自転車漕ぎは辛いさ。1日の終わりに地図を見て、今日はこんなに頑張ったのに、こんだけしか進んでないのかよ、って思うね。雨が降ると一日中 体が濡れて、寒いよ。部屋などの個室がなくて、全時間を外で過ごしているから、常に緊張していて 気が休まりにくいね。荷物が盗まれていないか心配になる。怖い人に目をつけられたり暴力を受けずに、朝を迎えられたことに安心する。そして車。安心できないことだらけだ。
でも楽しいさ。すっげー楽しいね。最高だ。つらいんだけど、旅を振り返ってみると楽しいんだ。
誰かの家に泊まったり、飲み会をすることはないが。でもいいんだ。ひたすら野宿する毎日でも。性格が旅の仕方に現れる。そこそこの孤独が一番自分に合った状態なんだ。
さあ、今までの人生のあらゆる事を忘れて作業できた日々は、もうすぐ終わりだ。そろそろ日常生活に戻る時がやってきた。まあ、その前に、事故なく事件なく、五体満足で帰宅しなければならない。旅は もうしばらく続く、非日常生活を噛み締めよう、スルメのように。

ジュース300、スーパー550、すき屋350。合計1200円。

千葉県館山市



9月22日(木)
バス停内でシュラフで寝た。朝、散歩の休憩でバス停に来た人で目が覚める。晴。睡眠時間6時間では あまり疲れがとれていない。

この地域は車用のトンネルの横に歩行者用のトンネルがある場所が多く、安心して通れる。そのうちのひとつはトンネル水族館の名がついていて、壁面に様々な魚が描かれた海の絵があった。美しい。美術女子大学が2年かけて完成させたらしい。

台風の反動か、快晴で日が強く、夏のように暑い。この暑さなら夜までに乾くので、洗わねば。
道の駅に到着。車イス用トイレで体と服洗い。乾燥と休憩と昼飯を兼ねて、日の当たるベンチでゆっくりと過ごす。残飯が発生、煮た人参の残りだ。ナメコのような滑りが発生していて、一口食べたら酸っぱく、これはもう食べるのは無理だ。

サイクリングロードのような道があり、しばらく海の堤防の横を走る。
410号線に移動。再びサイクリングロード。半島の先端辺りは風が強い。壊れるのでソーラーパネルの充電を諦めて、しまう。

なんだか、浮浪者に見られている気がするんだよね。前におじさんと話したとき、宗谷岬フラッグがなければ浮浪者に見えたと言っていたし。まあ、服は色落ちしているし破れているし、髪は自分で切っているので雑、さらには体臭が臭いときた。荷物が積まれている自転車は、浮浪者の自転車に見えるだろう。仕方がないのかな。自転車旅行者なんて誰も知らんよ。

17時。今日の野宿地は運動公園。公園の注意書きで関係あるもの。「テント、車内泊の禁止。焚き火、バーベキュー、花火などの火気の禁止。芝生への自転車の乗り入れ禁止。」遊具広場に行ったが、遊具がなかった。数年前に流行った、訴訟を恐れて公園からの遊具の撤去だろうか。滑り台用だった丘の上に四阿があって ぜひここにしたいのだが、45度の階段は自転車を登らせるのは無理。荷物を外して分割して持ち上げようか、面倒だ。でも他の場所だと芝生の上になり、バーナーが常識的にその場所で使えなかったりするんだよなあ。山火事は怖い。
とりあえず四阿のコンクリート机の上で米を炊く。風が強く、なかなか炊けない。
丘の裏にひっそりとテントを張って寝る。

コンビニ850、ジュース250、スーパー550。1650。

千葉県勝浦市



9月21日(水)
調理に時間がかかるニンジンやサツマイモを、調理してしまおう。
今日は曇りかと思ったら、急に豪雨になった、すぐにやんだ。天気予報によると午後から特に豪雨らしい。
今日はここで過ごしてもいいと思ったのだが、暇だ、蚊のせいで痒い。さて行こうか。どんなに濡れ続けても、夜にテントで裸で寝ればモーマンタイだ。寝袋が濡れていないという前提が必要だが。11時半出発。

メモ。濡れ続けていると皮膚がおかしくなる。赤いブツブツや、痒みが発生。体感的には3割は乾いている時間が必要。

スーパーの休憩所で昼飯。13時ごろから台風の猛烈な雨と風がやって来ている。雨で視界が100m。これは進むの無理じゃね? しかも風上に向かうし。室内と外の環境の差が激しい。・・・だからこそ行こうか。

台風が本格的にやって来た。よりによって通る場所は海岸線だ。いきなり来る突風が危険なので、平地でも自転車を押して歩く。
トンネルの出口付近(南)は、山などに当たった周りの風が圧縮してその口に入ってきているので、風が極めて強くなっている。
それ以外にも風の通り道の関係で、あまりの強風で進めなくなって、倒れないように構えた姿勢で立ち往生することがあった。

海岸の休憩所のトイレ入り口で避難。壁があると こうも風を防げるものなのか。大気が鳴り、風や雨の音がすさまじい。まあ車は普段と変わりなく通っている、スピードは控えめのようだ。
顔に当たって痛いと思っていたのは、雨ではなく砂だった。雨に混じって砂浜の砂が飛んできていたようだ。服も自転車も砂だらけ。
自転車の後部に取り付けていた宗谷岬フラッグが、棒だけ残して旗の部分がなくなっていた、風で吹き飛んだようだ、悲しい。
一度は、もう怒られてもいいや緊急なんだということで、車イス用トイレを野宿地にしようかと思い、自転車を中に入れてしまい、ブルーシートを床に広げて横になって休んでいた。この天候だと、自動車から降りようと考える人はいないだろうと思った。
やっぱトイレで寝るのは問題がある。よく見たら人感知センサーは、スイッチを切っても電灯がつかなくなるだけで、センサー自体は動いてるし。22時。数時間たって雨がやみ風がおさまり、台風が通りすぎたようなので、別の場所にしようと出た。相変わらず海は荒れた波の音がしている。

神社を諦め、とぼとぼと先へ進む。大きな小屋型のバス停を発見。今日の野宿は、ここにしよう。外灯あり。始発は6時半で早い。蚊がいるのでバス停の横にテントでもいいと思った。

スーパー2100(パック寿司含む)。


●コメント返信
>はじめまして様
>毎日、更新を楽しみにしています。
はじめまして。励まし・慰めをいただいて感謝感謝です。旅は、距離は近くなっているはずなのに、終わる気配がありません。
検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。