スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道寿都町



8月6日(土)
寝不足だ。
早朝に若者集団が来て「なにあれ怖ーい」「え? これ(車)みんな中に人いるの?」「乗り込もうぜ」などと言っていたのが怖かった。
今日は晴れ、今日はスタート直後から山の地帯だ。

おじいさんの話だと、稚内とか、札幌から上はみんな寒いとのこと。全く使っていなくて処分に困っていた ライター3つをもらってくれた。代わりに焼き魚をくれた。
おじいさんは若いときに丁稚奉公のような形で新潟から東京に上京したそうで、若いときはお金がなくて、まともな風呂は月に1回、冬の東京で服を手洗いすると寒かったそうだ。ちなみにここ5年は夫婦で車で日本中を旅しているようだ。

229号線を進む。相変わらず蜂が自分の周りを飛ぶ。何もしてこないが、北海道にいる間ずっと何もしてこない保証はなく、やっぱり怖い。
夏日よりの暑い天気だ。三本杉海岸には水着姿で海を楽しむ人が大勢いた。海沿いの岩は、泥が固まったような岩の中に、さらに丸く小さな岩が入っている。
危ない、ウニの殻が所々 歩道に落ちているぞ、自転車 即死級のトラップだ。

北海道って、ジュースの自動販売機の横に缶回収ボックスを設置していないよね。思うに、設置すると一般ゴミを中に捨てられてしまうから、設置していないのだと思う。しかし本来回収するべきペットボトルの回収も放棄したことにより、行き先不明のゴミが発生することになる。ゴミ箱を解放している場所が少なくなると、余計に残りのゴミ箱を解放している場所にゴミが集中することになり、ついには施設管理人の善意の許容範囲を越えて ゴミ箱を設置しなくなるのだろう。ゴミ箱の無い道の駅。地域のゴミ置き場に捨てるには指定ゴミ袋が必要。ゴミ箱を設置しなければいけないコンビニは、他県よりもゴミ持ち込みに対して神経質になる。個人個人では最善の行動が、全体としては事態を悪化させる方向に動いている。県外からの旅人に対して「ゴミはお持ち帰りください」と勧める現実的ではない現象になる。北海道全体として不法投棄を助長する方向に動いている。由々しき事態だ。
まあ私は、不法投棄をするぐらいならゴミを宅配便で実家に送る。今の所はゴミ捨ては、なんとかなっている。・・・・・・ゴミ処理場に直接持ち込んで、お金を払って引き取ってもらえばいいか。 そ れ だ !
・・・・・・後の時間、某チェーン店のコンビニで買うときに「お願いします外でゴミを捨てさせて下さい。ゴミを捨てる場所がなくて困ってるんです。」とお願いしたら、「ああ、ええ、はい、どうぞ?」と許してくれた。やっと北海道での生き方を学んだ。北海道では旅人はコンビニ以外にゴミを捨てる場所がない、と言ってもいい。北海道ではゴミ捨ては有料と割りきって、コンビニで物を買ってゴミを捨てるようにしよう。

兜岩トンネル等1500m級トンネルが4連続の場所に来た。海側には大規模に旧道が残されており、旧道のトンネル入り口はコンクリートで塞がれていた。他にも小さなトンネルやロックシェードがいくつもある。岩は溶岩ががさつに固まったような結晶化していない荒く黒い岩で、まるで重曹を入れて膨らませたかのように岩の内部にいくつもの空洞ができている。
車の通りは少なく、上下合わせて1分に1台程度。すれ違うライダーが手を降ってくれて嬉しい。

道の駅「よってけ!島牧」に到着。「ゴミ箱は設置しておりませんので、空き缶ペットボトル以外のゴミはお持ち帰りください」の張り紙があった。
店内には珍しいジュースのペットボトルが売られていて、「ソルト・ライチ」ジュースが美味しかった。普段と違うジュースが飲めるのが嬉しくて、もう一本買った。「生姜のはちみつレモン」、これも美味しかった。

コンビニ前で おじさんがソフトクリームをくれた。ありがとうございます。

トンネルを出てからライトを点けっぱなしで、充電池の容量がなくなっていた。これで何度目だろう。数えきれないぐらいある。気を付けなければ。

ふと足を見たら、漕いでいる足の左右の角度が違うことに気づいた。特に右足が外側に広がりぎみだ。気を付けないとなあ。

弁慶岬の灯台に到着。野宿に良さそうな場所だ。釣り人がいる。「ここで魚を捌かないで下さい」の張り紙、この注意書きは初めて見た。クワガタが普通にいるね。
現在17時。夕飯を丁寧に作る。人参は煮る時間が多く必要だなあ。カップルが来てバーベキューを始めた。夜になり蚊が多くなってきた。
なぜかムカデが大量にいる、ムカデが二体重なって合体しているのもいる。しかも高いところに登るのが好きらしい、ベンチや自転車のサドルとか、よく登ってくるなあ。
ここで野宿することにした。今日の野宿場所は灯台前の公園。野宿車がある程度いる。明るいトイレや 水の飲み口付きの蛇口があるので 炊事には困らない。

ジュース750、コンビニ(米など)900。合計1650円


●コメント返信
>ヒトリダチ様
>ねぶたは入れ替わり
ブログ拝見しました。まず、3人がここまで事故なく来れたことに喜びを感じます。健康が第一です。
それぞれ まったく違った目的・違った内容の旅ですが、だいたい同じ道を通って日本各地を旅しているわけで、沖縄で会って 今度は青森で会うのは不思議な感覚です。それでは いつか会いましょう~。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。