スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道石狩市



8月9日(火)
エアマットを敷いて寝ると快適だなあ。水無しの場所で自炊すると、一回の自炊で水を1L消費するなあ。昨日の夜と今日の朝の自炊で水がなくなった。
2Lペットボトルを前に取り付けられるようにしたらどうだろうか。いつもは空の状態で、野宿しそうな夜に手前の補給地で入れる。完全無給で2日間生活するには、食料はもつが、水は現状では2食分しかもたない。
北海道に来てから強制的に自炊の状態だ。補給地点の間隔が長いのと、マックとか吉野家とか滅多に見かけないから。お金はかからない。

山や川の名前に片仮名が多いのは、アイヌ語だからのようだ。

札幌市に到着。観光客が多い。スーツ姿の外国人も多く見かける。札幌時計台を見に行った。木造作りの小さな校舎のような外観の建物だ。

札幌駅前北口にある秀岳荘(札幌市北区北12条西3丁目)は素晴らしいアウトドア店だ。何から何まで揃っている。冬山登山が盛んなようで、店内にはクラブの入会募集の張り紙が多く張ってあった。
秀岳荘でお目当てのパワーフィルム社製のソーラーパネルを買うことができた。店内で売っていた。これでソーラーパネルは2枚となり、実用に耐えられる発電能力を持つことができた。さようならコンセント、こんにちは完全ソーラー発電生活。時代の最先端を行っている感じで嬉しい。

今日の夕方と明日は雨のようだ。14時半、午前中の晴れとは違い、雨が降ってもおかしくない暗い空になった。今後は231号線を進む。

雨は降らないな。いしかり川は水量が豊富で川幅がとんでもなく広い川だ。野宿に最適な場所だが、もう少し進む。進まなければ旅が終わらない。
公園で休憩。トイレが二階建てで、一階が女子トイレで二階が男子トイレの面白い公園だ。2Lペットボトルを用意してあるので、夜の野宿に向けて満タンにしてみた。水とジュースの携行量3.5L。
現在17時半、寝る場所どうしようかなあ。明日はひたすら山道とトンネルだ。坂が多そうだ。15km先に400円のキャンプ場を発見。
ライダーの人が来てテントを組み立て始めた。この先の道の状態や無料ライダーハウスを教えてもらった。私は とりあえず出発することにした。
自転車乗りの人に、この先は民家がなくなることや、明日から天気が崩れるから注意してねと教えてくれた。泊まる場所がないことを心配してくれた。水4Lを見せたら「ちっとは慣れてるようだな。」と納得してくれた。
携行食料が少なかったので、コンビニを見つけたので2食分の弁当などを買う。よく考えたら米と水はあるのだから、足りないのはおかずだったよな。さあ行こう。地図上ではこの先30~60km、またはこの先100kmは補給場所が無いように見える。ここからが私の時間だ。

破れたパンツを捨てました。

今日の野宿地はバス停。民家から離れた場所にあるので、利用しやすい。北海道のバス停は小屋になっている。蚊に悩まされないのは良い。バス停の裏で夕食。明日は始発の1時間前に去る。朝早いので目覚ましをセットした。
いま1/6ぐらいかな。このペースだと、北海道一周には予測通り40日かかりそうだ。

アイス100、スーパー700、ソーラーパネル12000、コンビニで菓子200、コンビニ1200。合計14200円。


●コメント返信
>サトシ様
>順調そうでよかったです!
はい、ありがとうございます。北海道の気質や天候に慣れつつ、なんとかやってこれています。
ソーラーパネルはうまく使わないと中途半端な道具になってしまう所が難しいです。あと、値段が高いです。
でも、自転車旅行では乾電池を捨てるのが大変だと分かったので、私は不便でも使っています。
なによりも、(充電量が少ないので使用時間はシビアですが、ドコモショップがない場所でも、)どこでもケータイを使えるのがいいです。
それでは旅のご無事をお祈りいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。