スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道遠別町



8月11日(木)
東屋に寝た。夜中に雨が降った。朝、とにかく海風が強く、飯を食べるのに一苦労だ。天気は晴れ、海は荒れている。自転車屋で自転車オイルを買った。10時に町を出た。留萌市は商店街が大きく、一通りの店が揃っていて、町らしい町だった。

ここからは232号線。追い風の強烈な支援を受けて、海沿いのずっと続く平坦な道をトップギアで快走する。道行く多くのバイクが手を降ってくれて嬉しい。この道はライダーの集団を非常に多く見かける。
携行水量4Lで重いはずなのだが、あまり負担を感じない。フロントの片方に2L(2kg)で重さが片寄っているはずなのだが、その方が安定するのだろうか。もしかしたら、自転車の前後の重量バランスが この方がいいのかもしれない。
暑い。空気は涼しいが日の光が強烈で、皮膚が焼けてチクチクと痛い。今日は晴天だ。ソーラーパネルの発電が順調で笑えてくる。

その後、洗濯板のような坂の連続。角度は緩やかなのだが、坂の距離が長く、数が多い。自転車旅行者が倍の速度で抜かしていった。速い。このペースは一日150kmだと思う。後ろ2バッグだが、荷物がハイテクなので(服やバッグみんな自転車用品)、その中にテントや飯盒一式入っているのかもしれない。負けじと付いていく、5kmほど視界から消えないように頑張ってついていったが、もういいや道の駅で休憩しよ。

遠別町までは5km以上の長い直線だった。山側は穏やかな坂になっており、遠くまで見渡せる。牛がいたよ。今日走った道路についてだが、ドライバーが親切でみんな大きく避けてくれた。遠くまで見渡せる道路であることも影響しているだろう。多くの区間を車道を走ることになったが、あまり車の危険を感じることなく、楽しく走れた。
今日の野宿地は道の駅裏の 富士見ヶ丘公園。道の駅は屋外にゴミ箱を設置してある超優良な道の駅だ。風が強く、夕方になり寒くなってきた。冬服を着た。それでも寒い。風と寒さ対策にテントを張ろう。テントの中に重りを入れたが、風で地面に固定していないテントが安定しない。明日は夜明け前に雨の可能性があるのか、フル展開した方がいいかな。ちなみに蚊はいないよ。
稚内も根室も電車で行けるんだな。冬に青春切符でここまで旅行に来るのもありか。根室に行ったら ぜひ北方領土を見なければ。

コンビニ菓子200、自転車オイル200、ジュース・アイス400。合計800円。


●コメント返信
>カナリア三世様
>おまえほど無駄な努力が似合うやつはいない。就職出来なければ、おまえのやってることは全て無駄になる。

毎回同じ単語を使われても、コメントに困るよ。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。