スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道猿払村



8月13日(土)
テントは疲れがとれるが、それ以上に疲れを感じた。テントを片付けて、朝飯を食べて片付けて、もう疲れた。早く走って浮いた時間の分 多く休憩するより、遅く走った方が自分は疲れないようだ。
晴れ。風が強い。店の旗が風で外れていたりした。11時、稚内町中でケータイでネットサーフィンをしている。ゴムボートに興味をもった。自転車に搭載できないかなと思った。久しぶりの外食、回転寿司行くか。今後は補給地が無さそうなので食料を買っておかなければ。その間ドコモショップで充電してもらう。
スーパーでこれでもかと言うぐらい買った。パンだけで5袋、調理済みおかず4パックある。トマトや葡萄など破れたら面倒な食材は入りきらず、背負うことになった。販売している魚介類の種類が豊富だった。蟹やマスだかの魚の卵、ウニやタラコなど。タラコが美味しそうで買おうとしたけど裏見たら人工着色料を使ってあったのでやめた。
寿司食べたいけどなあ、米食べないと腐るなあ、それにあんまり腹減ってない。先に進もう。
公園で昼飯を食べ、13時出発。

一般車に混じってキャンピングカーもよく見かけるのだが、犬を入れた檻を牽引しているキャンピングカーがあって笑えた。車内だと臭うのだろうか。
強烈な追い風で通常より10km/hは速い。
宗谷岬到着、バイクがたくさんあった。観光客で賑わっている。自転車は私を入れて5台、両方とも男二人組だ。あとは行き帰りの道で自転車旅行者を4人ほど見かけた。みんな重装備だ。さようなら日本海、こんにちは太平洋。北海道半分達成はまだ先。お土産屋でフラグを買った、自転車のアクセサリーとして後ろにつけた。時々バイクで後ろにつけて たなびかせている人がいて、かっこいいと思っていた。

今まで走って見てきた膨大な量の風景を覚えていない。野宿場所の風景を覚えていない。写真や文章は大事だと思った。写真は現地の記憶を引き出す引き金となる。

ふと水槽を自転車に搭載することを思いついた。移動アクアリウムである。1.5Lペットボトルに真水とメダカと水草のオオカナダモを入れる。酸素は水草が作る。あとはカルキ抜きと魚のエサを携帯する。ペットボトルは自転車のドリンクホルダーにセットする。水が少ない分 水温が上昇しやすい問題があるので秋以降しかできにだろう。なんと言うことでしょう、そこにはいつでも接することができる携帯水槽が。

今日の野宿地は道の駅「さるふつ公園」。さるふつ は地名だが、アイヌ語からきているらしい。400円のキャンプ場と、恐らく同じぐらいの値段だと思われる温泉がある。明日からずっと雨、ただし明日の午前中までは晴れそうで、露天で寝てもいいかな。

おっさんと会話。しばらくこの道の駅に滞在しているそうだ。屋外水場で犬に直接口をつけさせて飲ませている飼い主や、健全に見える奴がキャンピングカーの尿タンクの中身を芝生にぶちまけて去っていったのを見かけたそうだ。管理人はもう帰ったし 誰も見ていないからテントを張って寝ればいいよと言ってくれた。

スーパー2150円、ジュース150、宗谷岬フラグ350。合計2650円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。