スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道雄武町



8月14日(日)
オブジェクト前の砂利にブルーシートを敷いて寝た。砂が変形するのでコンクリートや木の上よりは快適だった。朝から曇り。天気予報によると今日の午後からずっと雨で、厳しい旅になるだろう。食料も水もカセットガスも余裕がある。のんびりいきましょう、肉体的・精神的な疲労を感じて焦っている分だけ。精神的な疲れはある。「こんなに走ってきたのに、まだ北海道半分も終わってないのか。」という気持ちだ。
ライダーが手を降って応援してくれるので元気が出る。

過去の日記を見たが、文章が長すぎだ。短くしていいな。あと、文章を見ると旅が楽しくなさそうだが、実際はもっと楽しい。もっと楽しく書いていいな。

午前中は ほんの少しだけ雨が降った。久々のトンネルをくぐる。枝幸町の公園で昼飯。風が強いのでバーナーを使わず。(朝飯は1缶の7割ほどの大量のガスを消費した。)

「北オホーツク100kmマラソン」8月21日開催! まじですか。自転車で精一杯なのに、走るとか。一番速い人でも12時間ぐらい走り続けるのだろうか。超人が集まるのだな。

路肩は広く車は大きく避けてくれるので、道路を走っていても恐怖は感じない。北海道のドライバーは自転車に優しい。

たくさん漕いで金玉痛い。休憩中にバスが来ないことを確認し、バス停で休憩。小屋なので暖かい。ちなみにバスは走行中に見かけたが、乗っている人はいなかった。

雄武町(おうむちょう)に到着。道の駅「おうむ」に到着。町の中心にあった。隣にスーパーがある超優秀な道の駅だ。ただし有人鉄道駅のような雰囲気で、野宿には適さない。スーパーで刺身を買った。ちらし寿司のネタ用の刺身は半額引きの400円で買い 8種類の刺身で量が多く、今まで食べてなかった刺身分を補えた感じだ。

道の駅の近くにある大きな公園である「宮の森公園」に移動。なんだキャンプ場があるじゃん。東屋はいくつかあったが、椅子が短かったり、太い丸太でできた椅子だったりして寝るのに適さなかった。オートキャンプのような形で、バーベキュー用のコンロが設置してあったりする。真ん中にはキャンプファイヤー用の炉があり、学生の野外活動向きのキャンプ場かな。屋根付きのテーブルが多くあるので、そのうちの一つのテーブルの上で寝よう。と思ったが蚊に悩まされるのでテントを張った。

ジュース200、菓子100、スーパー1700。合計2000円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。