スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道様似町



8月22日(月)
夜中に起きて充電する電池を入れ換えた。もうずっと雨か曇りであることもあり、キャンプ場にコンセントが用意されているのは本当に助かる。
朝、近くの人の活動音で目覚める。5時現在少し雨が降っている。背中の痛みは少し回復した。

数日前の事。座椅子に深座りしたようなスタイルで乗る自転車を漕いでいる自転車旅行者がいた。ペダルの位置が前の体と同じ高さにある。鳥人間コンテストの人力プロペラ部門に出るのだろうか。

このキャンプ場のトイレのトイレットペーパーケースは、使い終わって芯を破って取り出す盗難防止仕様になっており、当然まだ使い終わていない厚い状態では破って取り出すことはできない。トイレットペーパーの盗難が多い全国の道の駅で今後このようなトイレットペーパーケースが増えていくかもしれない。
9時出発。雨はやんで曇り空になった。

「えりも黄金トンネル」は全長約5kmで、北海道最長トンネルとのこと。内部では工事が行われていて片側通行の箇所があった。
その海側には同じ距離の使われなくなった廃道や覆道があって、封鎖の柵の前で昼飯。ちなみにここはケータイの圏外だ。柵の隙間は自転車が通れそうだな。ちょっと行ってみようかな。

36号線を通り、えりも岬に行ってみた。北海道の全体図の南の出っ張っている部分。ここまで行く道は強い追い風で漕がなくても進む気分だった。風が強い。ハンドルをとられそうになる。特に岬の西側に行くと山で遮られて風が緩やかな分、交差点や川や丘の間など開けている場所で突風のごとく風が強い場所があり怖い。ゆっくり慎重に進んだ。

ソーラーパネルの折り畳み部分の断線が進んでいる。自転車の後部に置いて、風であおられたりしているからなあ。全体の1/3の電線はすでに切れていた。使い方が難しいなあ。ほとんど切れたら接続されていないパネルが出てくるので、ハンダコテなどで修理が必要だ。

再び336号線を進む。3時半頃から晴れてきた。海岸沿いの完全に平坦な道おひさしぶり、走りやすい。様似町に到着。スーパーや各店があり、必要なものがあればここで揃えられそうだ。「親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場」を見つけた。キャンプ料600円とのこと。現在17時。とりあえず隣のビーチで夕飯を作ることにした。
だいぶ背中の調子がよくなった。長期的で蓄積したな体の不調ではなくて、一時的である可能性が高いものでよかった。
大型遊具の下で寝ることにした。ここなら雨を少しは しのげる。

コンビニ菓子500、コンビニおかず300。合計800円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。