スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森県平内町



9月3日(土)
テントを片付けて7時半。直射日光で晴れている。服は問題ない程度まで乾いている。まだ大量に残っているジャガイモを朝食とする。この調理方法なら、サツマイモが美味しそうだ。8時半出発。

公園でおじさんから旅の励ましをもらう。定年するまでは自転車で旅をしようと思っていたが、いざ定年するともう体が動かないそうだ。同じような事を言う人は多い。社会人にも 失業以外でまとまった夏休みが取れればいいのにね。

再び7号線を通る。歩道が広く安心して通れる。二度目は地形が分かっているので、楽だ。
青森に到着。直射日光で暑い。本当に台風は来るのだろうか。これから7→4→9→4→279→338号線と行く。海寄りの主要道路を行くことになる。

ショッピングセンターに寄る。ドコモショップで充電しつつ、スーパーで買い物。無洗米はどうも手に入らないので、普通の米2kgを買った。米が手に入ると どこでも野宿できるようになるので、安心できる。本屋で 浦島太郎 状態にならないように知識成分を補給。

県道9号線を進み、これから平内町の半島をまわる。
まだ3時かあ。空が暗いこともあり、もう気分は夕方だ。気のせいか疲れも夕方の状態で、疲れている。
この先の半島の先端付近にある「椿山キャンプ場」は無料のようだ。その先にキャンプ場は見つからない。
台風12号は日本海に出るようだ。青森では今日のこれからと明日の夕方までの降水確率は低くなっている。

雨は降ったりやんだりだ。大島パーク駐車帯に到着。車イス用付きトイレ・水場・明かり・四阿あり。米を洗う。パンやチキンやマカロニサラダなど、火を使わずにすむものを食べて夕飯とした。最近熊が出没したそうで、注意してくださいとの看板があった。
先に進む。どうやら駐車帯から1kmほど離れた椿山キャンプ場は50mほどの区間の旧道の場所で、トイレ以外なにもない場所らしい。標識がなく、そこがキャンプ場なのか分からない。駐車帯に戻ってきた。

駐車帯に戻ってきたとき、バーベキューで使ったと思われる木炭が芝生に捨てられていた。しかもまだ火がついている。非常識だ。水で消しておいた。さらに、トイレにはごみ袋2袋が置かれていた。非常識だ。

ソーラーパネルはハンダ付けしたとしても、どう見てもすぐにとれてしまうんだよなあ。ハンダ付けする地がビニールシートの5mmの範囲だし。2mmの厚さの太いコードでは、折り曲げられないし、風に耐えられない。元々 極細の銅線が使われていたわけが分かった。あれなら折り曲げても、細い分だけ きつい角度の折り曲げにならない。再び使えるようにする方法としては、電気の通るクリップで二ヶ所を挟んで繋げるだけがいい気がしてきた。

蚊が多いのと、「テントを張らないで下さい」と書いてある駐車場よりは キャンプ場の方が居心地がいいので、再び移動。今日の野宿場所は海沿いの「椿山キャンプ場」。風があり、波が高い。1mほどの堤防を波のしぶきが乗り越えてくる。まあこっちに台風が来るのは4日の夜から5日の夜なので 大丈夫だと思う。

コンビニで菓子と調理済みおかず1100、すき屋400、スーパーで米など1500、ジュース150。合計3150円。


●コメント返信
>関東ボーイ様
>なかなかいい歌
いい歌です。卒業して、様々な職種について、様々な土地に別れていった。結婚している人もいれば、私はニートだったりする。どんなに未来を歩もうと 過去に一緒にいた時間は変わらないよ、と。この曲を聞くと色々考えることがあります。
仰る通り、エロゲーのエンディングの曲です。

>カナリアⅢ世様
>おい・・・おめえ、ココおかしいんじゃねえか?
私の頭がおかしいのは否定しません。
貴方にお伝えすることがあります。私は貴方の正体を知る事ができました。ブログで悪口を書いて、別の場所で仲良くされても困ります。仲良くするのか、嫌い合うのか、どちらかにして下さい。
ニートを続けると、周りや自己による自己否定の連続になり、一日中 人生成功者への妬みをするようになり 頭が狂うので、その点は配慮します。
現実逃避ならオンラインゲームのTERAでもプレイしてください、面白そうですから。ニート脱出なら、シルバー雇用に混じって草取りでも始めてはいかがでしょうか。まあ、今後も悪口を書きたいならご自由に。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。