スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森県むつ市大平山田



9月7日(水)
朝、寒い。空は明るいが小雨が降っている。寝具を片付けて 朝飯を食べて、8時半出発。
コンビニのサークルKには118円ぐらいで様々な種類のおかずが揃っており、使いやすいなあ。

むつ科学技術館に行った。子供向けの光や風の科学の不思議実験設備がたくさんあった。例えば空気より重い二酸化炭素の上に浮くシャボン玉や、風によって形が変わるミニドームの中の砂丘などだ。他に、メインとなる原子力推進船むつの原子炉や制御室、指令所などの展示があった。屋外にはスクリューが展示されている。原子炉は実際に使われていたもので、放射能が出ているようだ。鉛ガラスなどで遮蔽されているので安全を保ちつつ中の様子を観察できるようになっているとのこと。β線測定器(?)があって、湯の花や肥料やクリスタルガラスなど、様々な物の測定ができた。制御盤を見ても、なにかスイッチがたくさんあって複雑そう だとしか分からなかった。原子炉も同様で、なにか複雑ですごそうな物体だなあとしか分からない。でも現物を見れて良かった。幼稚園児の団体さんが来ていて、けっこう騒がしかった。元気だなあ。
そうそう、深海生物の標本があり、そのうちの一つのミミズのような形の生物は、口も消化器官もなく、体内に飼っているバクテリアから栄養をもらって活動しているらしい。バクテリアはバクテリアで、海底から涌き出る温水などをエネルギー源にしているのだと予想する。こういった現在主流の生物とは違うシステムで生きている生物がいると安心する。地表で大気が遮られるなどして生物が生きれない環境になったとしても、地球上に生物が存在し続ける可能性が高いからだ。

恐山に行く。恐山街道は13kmとあるが、全箇所山道なのでなかなか進まない。途中にある若返りの湧き水を飲んでみた、冷たい、少し 草を潰した味がするような。一時的に強い雨が降った。恐山へ続く道は、山を上って下る。
14時、恐山霊場に到着。日中に到着できて良かった。硫黄臭い。恐山霊場の前にある「宇曽利湖」は、水としてあってはならない白濁の緑色をしている。湖に生物はいないと思う。三途の川の橋なんてのがあった。
寺の敷地内を見回る。草や木が生えていない地帯がある。黄色い硫黄が付着した岩から暖かい煙が出ていた。観光客か誰かが、石を積み上げたり、風車を刺したりしているのだろう。風で風車の回る音があちこちから聞こえ、殺風景な大地に石が積み上がっている様子は、非日常的で不気味に感じる。石を積み上げるのは、あの世の 三途の川の河原で、親よりも早く死んだ子供は 罪滅ぼしに石を積み上げなくてはならず、最後の石を積み上げる前に鬼が石を倒してしまうので 石を積み上げる作業が終わらないという伝記によるものだと思う。
その後、寺の敷地内にある温泉一ヶ所に入った。温泉は5箇所あり、そのうち男は2箇所、女は2箇所入ることができる。温泉の中でおっさんの話によれば、もう一ヶ所の湯は10年前は入れたと聞いたとのこと。壁の注意書きには、入浴時間は3分から10分にして下さいとある。他には、顔をつけないで下さい、飲まないで下さい、とある。強い硫黄温泉だ。熱い。臭い。風呂の底が黄色くなっている。硫黄温泉は 非日常的なお風呂で良いね。少しの毒は良い薬になると言うし。湯船に浸かり、お湯を満喫した。水で体についた硫黄を流してから、風呂を出る。

おじいさんと会話。若い頃は自転車でカナダを横断したとのこと。今回は東北に自転車旅行に来ていて、定年してから自転車に乗って様々な場所に行くようになったとのこと。元気です。若い頃は 忙しい期間以外はスポーツジムに通っていたそうだ。やっぱ、若いときに体を動かしている人は 年よりになっても元気だ。
RCC(Aがつくかも)というサイクリングクラブに世界各地を旅する冒険家が所属しているらしい。
東日本大震災のボランティアについて。はらまき駅 を降りた とうの の場所にある まごころセンター でボランティアを受け付けているそうだ。自分のやりたいボランティアを選べるらしい。体育館を寝所に提供していて、食事は自費で行う。全国各地から様々な年代の人が来ていたらしい。

16時に自炊して飯。昼食は菓子パンだけだったので 物足りず食べる。変則的な飯の時間になる。17時恐山霊場を出発。
恐山まで来る4号線の恐山街道の途中に 四阿があった。とりあえずそこまで行こう。途中にある若返りの湧き水で給水。・・・四阿に行った。薬剤散布中につき危険との看板が四阿の前に立てられているぐらいだから、危険なのだろう。諦めて、前に寝た事のある運動公園で寝ようかと考えながら違うルートで下山。山の上から見るむつ市の夜景は、暗闇の中でビルの明かりが星空のように輝いていて きれいだ。途中の道路横に半壊した四阿を発見。ここでテントを設営しよう。道路沿いだとはいえ、人里離れた山の中でドコモの電波が通じるのは さすがだと思った。

今日の野宿地は道路脇休憩所。山の中だ。もう寒い季節なのは昨日の夜で分かっているので、テントを展開。山の中は人気(ひとけ)が無くて快適だ。野性動物は怖い。乾パンを食べて間食とする。おやすみ。

コンビニおかず600、科学館入場料300、恐山入場料500、売店で煎餅150。合計1550円。


●コメント返信
>カナリアⅢ世様
>断腸の思い
>I'm very sorry!!!私は,I can not advance. 
>ワシの正体が解ったて?どうやって暴いたのかな?
>してワシの正体とは?
読みました。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。