スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県いわき市



9月18日(日)
テントのみで寝たら、夜は寒かった。朝、思ったより酸っぱくなっていなかったので、残りの米を食べてしまう。1日水を入れておいて、炊いてから1日と1食分経過している米である。捨てる羽目にならなくて良かった。
道の駅の何人かから旅の応援をもらう。鹿児島から自転車で来て富士山に自転車を担いで上った高校生がいたらしい。自転車に乗って降ったらしい。ダウンヒル、よくあんな急な坂を自転車で下る気になるなあ。

ミネラルウォーターを買っているので、使うお金は通常より高くなっている。
枝が前ホイールに挟まって、タイヤに円周状に溝の傷ができた。破裂の要素を作ってしまうとは。
バス停の小屋で身長よりも低い位置にある横柱に頭をぶつけて痛い。
急に腹を壊して脱糞の危機をコンビニで乗り越えた。曇りになった寒さが原因か、朝の米が原因か。

長い下り坂を通り、いわき市へ。49号線の終盤や6号線バイパスの歩道は蜘蛛の巣や雑草が生い茂っていて通行が大変だった。あまり利用されていないのだろうか。市によって歩道の状態の差は大きい。まあ、地震の影響であちこちの地面に起伏が発生していて、それを治すのに大変で歩道まで面倒を見ている余裕はないのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「君の こういう行動、こういう考えがダメだから、こうしたほうがいいよ」と言われる。私はダメな点が多いから、多く言われる。1人から言われた内容は、すでに百人から言われている。指摘されたことの多くは、治さなければ、生きていく上で、仕事で、人間関係で、マイナス要素をもたらす。善意だとしても、多くの人から人格否定され続けるのは辛い。
ただし極一部については、言った側が間違っている。そっちはそっちで対応が辛い。
仕事仲間がこんな事を言った。「言われたことを治すか、そうでなければ言われ続けることに耐えるしかない。」
別の人はこんな事を言った。「言われるだけ ありがたいよ。言われなくなったら終わりだよ。」
だから生きるという事は難しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夕方に犬をつれたおじさんに旅の応援をもらう。親切丁寧に応援してくれて、嬉しくなった。酸っぱい米や野宿地の話の他に、旅の目的を聞かれて、「外引き籠り」や、旅をする前にしていた事などを話させてもらった。

今日の野宿地は公園。純粋な公園は久しぶりだ。明かりなし、トイレ水道あり。原発の影響で外で遊ばなくなったのだろうか、雑草が生い茂っている。トイレで人気を気にしながら裸になり、服と体を洗った。服は濡れていても、裸で寝るので問題なし。
無くしたと思っていた爪切りを発見、工具箱→箸やハサミなどの使用頻度が高い物ポケット→歯ブラシや日焼け止めクリームなどの生活用品ポケット、の順で移し変えたのだった、安易に移動すると忘れてしまうな。

ジュース・水・アイス600、コンビニおかず500、合計1100。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。