スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県勝浦市



9月21日(水)
調理に時間がかかるニンジンやサツマイモを、調理してしまおう。
今日は曇りかと思ったら、急に豪雨になった、すぐにやんだ。天気予報によると午後から特に豪雨らしい。
今日はここで過ごしてもいいと思ったのだが、暇だ、蚊のせいで痒い。さて行こうか。どんなに濡れ続けても、夜にテントで裸で寝ればモーマンタイだ。寝袋が濡れていないという前提が必要だが。11時半出発。

メモ。濡れ続けていると皮膚がおかしくなる。赤いブツブツや、痒みが発生。体感的には3割は乾いている時間が必要。

スーパーの休憩所で昼飯。13時ごろから台風の猛烈な雨と風がやって来ている。雨で視界が100m。これは進むの無理じゃね? しかも風上に向かうし。室内と外の環境の差が激しい。・・・だからこそ行こうか。

台風が本格的にやって来た。よりによって通る場所は海岸線だ。いきなり来る突風が危険なので、平地でも自転車を押して歩く。
トンネルの出口付近(南)は、山などに当たった周りの風が圧縮してその口に入ってきているので、風が極めて強くなっている。
それ以外にも風の通り道の関係で、あまりの強風で進めなくなって、倒れないように構えた姿勢で立ち往生することがあった。

海岸の休憩所のトイレ入り口で避難。壁があると こうも風を防げるものなのか。大気が鳴り、風や雨の音がすさまじい。まあ車は普段と変わりなく通っている、スピードは控えめのようだ。
顔に当たって痛いと思っていたのは、雨ではなく砂だった。雨に混じって砂浜の砂が飛んできていたようだ。服も自転車も砂だらけ。
自転車の後部に取り付けていた宗谷岬フラッグが、棒だけ残して旗の部分がなくなっていた、風で吹き飛んだようだ、悲しい。
一度は、もう怒られてもいいや緊急なんだということで、車イス用トイレを野宿地にしようかと思い、自転車を中に入れてしまい、ブルーシートを床に広げて横になって休んでいた。この天候だと、自動車から降りようと考える人はいないだろうと思った。
やっぱトイレで寝るのは問題がある。よく見たら人感知センサーは、スイッチを切っても電灯がつかなくなるだけで、センサー自体は動いてるし。22時。数時間たって雨がやみ風がおさまり、台風が通りすぎたようなので、別の場所にしようと出た。相変わらず海は荒れた波の音がしている。

神社を諦め、とぼとぼと先へ進む。大きな小屋型のバス停を発見。今日の野宿は、ここにしよう。外灯あり。始発は6時半で早い。蚊がいるのでバス停の横にテントでもいいと思った。

スーパー2100(パック寿司含む)。


●コメント返信
>はじめまして様
>毎日、更新を楽しみにしています。
はじめまして。励まし・慰めをいただいて感謝感謝です。旅は、距離は近くなっているはずなのに、終わる気配がありません。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。