スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県市原市



9月23日(金)
夜は風が強く、テントが動かないように体で押さえつけながら寝た。
朝、風は静かで穏やかな天気の曇りである。8時半出発。これからの場所、どんどん都会になっていくので寝るのに苦労しそうだな。

127号線。どうしても住宅地を通る道は、道路の拡張工事をしにくいので、道幅が昔のままで狭い。
トンネルが狭い。ただし千葉県は歩行者用トンネルが多く、それを通るのは楽しい。

公園で昼飯。水用ペットボトルの内側に藻が生えていた。たまには替える必要があるな。14時出発。

車が怖いのだ。おねげえしますだー、歩道をくだせえ。館山市から45kmの地点。キター! 幅4mはある高規格歩道! ありがてえ、ありがてえ。

業務スーパーでライチが200円で安かった。問題はその量の多さで、しばらくライチ生活が続きそうである。密かにこのスーパーは全国中にあるね。ミネラルウォーターを6箱買いしている人がいた。原発事故以降、これぐらいが当然の反応だろう。

市原市に入る前後から、16号線の海側が工業地帯になっている。ずっとまっすぐな歩道が続いている。
すき屋で休憩・トイレ・間食。この先は公園は多いようだ。都会の公園で野宿できるかは疑問だ。

20時寝る準備完了。今日の野宿地は運動公園。川との境は木が植えられており、人目を避けられる。台風の影響か太い枝が落ちていて荒れている。テントを張る場所の枝を片付けた。信号のピロピロ音が気に触る。撤収最優先で、展開したのはテントのみ。・・・後でシュラフと耳栓を追加。

東京が近づいてくると、旅が終わりに近づいていることを実感する。あと6日~15日ほどだろうか。残り少なくなっている予算的にも、あまり長くは居られない。
あえて、アレが楽しかった コレが楽しかったと言うほどではないが、全体を通して、自転車旅行は とても楽しい。毎日 新しい風景を見られる。道で会う初対面の人が話しかけてくれるなど、今までの人生では無かったことだ。
どうしても性格上、嫌な事ばかり目がつくので、イライラしてばかりだし、終わりの見えない自転車漕ぎは辛いさ。1日の終わりに地図を見て、今日はこんなに頑張ったのに、こんだけしか進んでないのかよ、って思うね。雨が降ると一日中 体が濡れて、寒いよ。部屋などの個室がなくて、全時間を外で過ごしているから、常に緊張していて 気が休まりにくいね。荷物が盗まれていないか心配になる。怖い人に目をつけられたり暴力を受けずに、朝を迎えられたことに安心する。そして車。安心できないことだらけだ。
でも楽しいさ。すっげー楽しいね。最高だ。つらいんだけど、旅を振り返ってみると楽しいんだ。
誰かの家に泊まったり、飲み会をすることはないが。でもいいんだ。ひたすら野宿する毎日でも。性格が旅の仕方に現れる。そこそこの孤独が一番自分に合った状態なんだ。
さあ、今までの人生のあらゆる事を忘れて作業できた日々は、もうすぐ終わりだ。そろそろ日常生活に戻る時がやってきた。まあ、その前に、事故なく事件なく、五体満足で帰宅しなければならない。旅は もうしばらく続く、非日常生活を噛み締めよう、スルメのように。

ジュース300、スーパー550、すき屋350。合計1200円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。