スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県出雲市



7月11日(月)
道の駅で寝た。おばちゃんにプラムをもらった、ありがとうございます。道の駅はけっこう自転車旅行者で野宿する人が多いらしい。昨日は玄関横にテントをたてていただとか。これからの季節多くなるとのこと。多いときは裏の広場に4つも5つもテントがたっているらしい。車イス用トイレに設置されているシャワーで体を洗っているとのことで、私も洗わせてもらった。きもちいい。ついでに服を洗い、歯を磨く。
さあ出発しよう。やることに慣れてきて若干旅がマンネリ化しているが、やらなければ見えてこないことがある。

さてマンネリについて詳しく書いてみよう。旅が単調だ。慣れてきて、1日の行動がマニュアル化している。飯を作るのに困らない、寝る場所探しと寝るのに困らない。疲れたら休んで、暑くてダレたら休んで、坂は歩いて、あとはひたすら自転車を漕ぐ。日が落ちてきたら寝る。休憩時間にはインターネットでニュースとか娯楽情報とか見る。妄想は飽きた、妄想材料がネットの他人による作成でない分、想像に乏しく、そして引きこもりよりも妄想世界に入り浸っている。日程や使用金額は順調、予定通り。病気や体調不良は今のところは問題無い。車が怖くて命の危険を感じるのはいつも通り。自転車旅行は大変だが、それは予定の範囲内だ。それ以上に問題なのが旅の単調さだ。まあ股の痛さもそこそこ問題だ。一日中誰とも話さないのは、悲しい というか虚しい。まあたとえ旅をしてなくても無言の日々なので、どのみち虚しい感情を持ち続けるのだが。
やっぱ道路に飽きたら、打開策としては観光かな。石見銀山とか面白そうだ。青春切符をつかって、どこか遠いところまで電車で旅行をしてみようか。ゲームをするのもいいな。いずれにしても一つのことだけをせずに様々なことをすると、それぞれが飽きないだろう。

今日は快晴だ。暑い。30分ごとに30分休憩している。なんか服か車体が焦げ臭い。

後部タイヤが、すり減っていて丸坊主だ。
遠くの自転車屋でタイヤを取り寄せてもらえば、行くまでにメーカー取り寄せでも届くだろうと思ったが、電話で問い合わせたら、電話での注文は受け付けていないとのこと。
調べたおかげで自転車のタイヤの種類やサイズの規則を知ることができた。値段はあまり高くないようだ。1800~4500円。行く途中のスポーツ自転車屋でタイヤを買うことにしよう。26インチ。26×1.75。タイヤの規格は、ETRTO 559。よくあるタイヤではないかもしれない。

今日の9号線は基本的には山道で、自動車専用道路並みに歩道がなく、特にトンネル内で本当に車が避けてくれるのかと不安になり、怖い思いをする。
今日の残りの走行距離を25kmとする。目的地は道の駅だ。4時半、雨が降ってきた。
草が白線を越えて茂っている場所がある。車の交通量の多さを考えると、法律上は自転車は通れるけど、現実的には自転車は通ってはいけない道の気がする。

残り10kmが遠い。現在いる場所は最終バスがすでに行ったバス停。ここで野宿することもできる。
今日の野宿場所は大砲公園。公園内に江戸時代製と思われる大砲があり、海に向いている。そういえばオスマン帝国が上陸した場所はどこだったかなあ。

ジュース・アイス650、スーパー1450(無洗米、パン、菓子)、スーパー600(半額寿司、コロッケ、カレー)。合計2700円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。