スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県金沢市



7月17日(日)

昨日のダンプの話は「左側を走っていて」が正しい文章でした。

現在は前日の22時半。県庁所在地に近づき歩道が広く走りやすくなった。サイゼリアでピザを食べる。店内はほぼ満席で、カップル・友達連れ・家族など非常に多くの客で賑わっていた。
0時半。福井駅前は道路に線路があるので路面電車が走っているようだ。軽トラを改造した移動ラーメン屋が多く歩道や公園横などに出店していた。
大きな公園で案内板を見ているときに、警備員に「自転車旅行ですよね? ここでは泊められないんですよ」と言われ断られたので先に進む。児童会館などの施設がある公園なので警備員がいるのだろう。
夜中の何時か分からないが、道の駅を見つけたので裏の芝生で寝る。
夜走る事の利点。道が空いている。涼しい。時間を有効に使える。
夜走ることの欠点。眠い。段差が分かりにくい。風景が見えない。迷いやすい。

朝食は蜂蜜をかけた食パンにオレンジ。10時になった、暇なので出発しよう。
8号線を進む。多くの場所で歩道があり、安心して走れる。石川県の鉄道は上下独立している2線路で、都会だ。305号線を進む。
電気屋のヤマダは、使用済み乾電池の回収に1本10円取られるようだ。
これだよこれ、事故の心配がほとんどなく、余裕のある歩道で妄想でもしながら自転車を漕ぐのが楽しいんだ。本来の自転車旅行の状態だ。こんな道を待っていた。ってか石川県は平地が多いね。

最北部の自転車チェーン店あさひで最後の点検と部品の調達を行う。ここより北には あさひ は無いのだ。タイヤは店にサイズの合うものがあったのでそのまま交換してもらう。通販で買ったタイヤは必要になったときに送ってもらって使うつもり。メンテナンスをしてもらったら、漕ぐのが驚くほど軽くなった。プロの力はすごいものだ。

旅が半分終わった。さてここからは当初の計画通り 選択肢がある。1.旅を終わる。2.長野を通って帰宅し、来年に東日本を回る。3.東北に住み、しばらく滞在してから旅を再開する。4.このまま旅を続ける。・・・・・・。私は4を選択した。

今日の野宿候補地は公園。住宅街の中にある小さな公園だ。怪しまれるので野宿には向いていない。

ピザ900、ジュース500、すき屋600、タイヤパンクパッチ300、自転車部品(タイヤ、4タイヤ分のブレーキ、携帯空気入れ)6500、スーパー1550。合計10350円。


裏日記
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は生きていて意味があるのだろうか。いや無い。
意味など無い、死にたくないから生きている。このまま自立できなければ生きられない日が来る。

外で見かけるあらゆる人が、エッチ済みだ。子孫を残しているわけだから、誰かに好かれたってことだ。
この歳で考えることは、女の子と仲良くなりたいということだ。
エッチをしたいから積極的に動きたいという強烈な思いと、どうせ嫌われるから何もしたくないという強烈な思いが葛藤して苦しい。
私は積極的になれない。動くと傷が増えるだけだと、今まで人生が立証している。
楽しいとか、頼りになるとか、安心するとか。一緒に居たいと思わせるような、そんなメリットはない。
気まずいとか、怖いとか、目障り、無能といった、早く離れたいと思わせる。デメリットを与える人間だ。悲しい。

たとえ私を好意的に見てくれる人間がいても、こんな自尊心と自信を喪失してネガティブな状態に出会ったら、腫れ物扱いして、一緒に楽しく遊ぶ気など起きなくなるだろう。
自分のメリットにもならない。何よりも楽しくない。面倒ごとに巻き込まれそうなことに、近づくわけがない。だから離れる。距離をおく。
人生経験として、他人に興味を持ってもらう方法が、同情を媚びる事しか知らないのが大きな問題だ。
芸能人の話題やカラオケやスポーツなどみんなで楽しむ行為を知らない、仕事で集団作業ができない、喋ればネガティブや嫉妬ばかり。日常の会話が意味消失しており、言うことが信用できないのは、言語が苦手で意思の疎通ができないんじゃなくて、頭がパーで意味が通じないからだ。視野が狭くて決めつけと思い込みが激しいのは、明らかに人生経験不足で生きている世界が狭いからだ。何もないわけだ。
ちなみに同情を与える側は、イラつきながら与えることになるし、もらう私も、ああしなさいこうしなさい言われてムカつく。

カウンセラーの先生に「君の中には人を信じることができない不健康な部分の心がある」と言われた。きっと、成長時の環境の苦しみから心を守るために、他人をシャットアウトするように心ができたんだと思う。

だからこそ、この詰んでいてクソッタレな人生で何ができるか考えて、できる事の一つである自転車旅行をやっているわけだ。
すごい事をやっているわけではない。私にとって、自殺直行の社会人や、何もすることがなくて発狂する引き籠りよりは、マシなんだ。逃げだ。生きる道が見えない現状では、自転車旅行こそが人生そのものである。今は毎日が充実している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。