スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県新潟市



7月24日(日)
コンクリート製のベンチで仰向けになって寝ると、地面が固くて腰が痛くなるなあ。

60歳の自転車旅行者に出会った。北海道から大阪まで同窓会に出に行くとのこと。飛行機で行くのはつまらないので、自転車で行っているらしい。北海道について色々教えてもらった。ライダーハウスが充実していて、無料から500円程度らしい。宗谷岬までの道は60kmほど自販機もないらしい。だいたい20kmごとに道の駅や何かの店があるそうだ。左下らへんは、丘まで上って下りてのアップダウンが20こほどあるそうだ。北海道の右上らへんは、昼間は暑く夜は寒く、温度変化が極端らしい。北海道のトンネルは歩道が極端に広いか狭いかの2通りがあるらしい、ドライバーは自転車に優しいとのこと。怖かったらトンネルの真ん中を走ると車が空けてくれるだとか。車のパーキングエリアなどは夜に熊が出てくるので、必ず人のいる場所で寝るようにとのこと。北海道に展開しているコンビニがあって、そのコンビニはよく使うことになるので、ポイントカードを作っておくとポイントが貯まってお得らしい。

自転車旅行者が追い越していった。おじさんの年齢だ。この年代の人は元気だなあ。重い自転車で軽快に走っている。自転車旅行者はかっこいいっすよ。

K'sデンキで電池を回収してくれた。助かった。乾電池は買うのは楽だけど、捨てるのに手間がかかる。

116号線を進む。歩道に草は多いが走れないほどではない。このような広い歩道をゆっくり走っているときが楽しい。ここらは山が多いが、低い山が多い。夕方までに寺泊のフェリーターミナルに行かなければならないという焦りはあるものの、概ね ゆったりできる。
道の駅「良寛の里わしま」の近くのトンネルは頂上のすぐ下にトンネルがあり、なぜ山を切り開いて道路にしなかったのか疑問に思ったが、どうやら遺跡が出土したので保護のためにトンネルにしたらしい。

しょぼーん。寺泊と赤泊を結ぶ高速船あいびすは、輪行袋に入れた手荷物扱いの自転車は運べるけど、そのままの自転車は持ち込み不可らしい。私の自転車は、たとえ輪行袋に入れたとしても、とても背負える重量ではない。いや、一回で運ばなくてもいいか。輪行袋持っておいたほうがいいかなあ。ちなみに輪行袋に入れた場合は自転車輸送料は無料らしい。新潟から両津行きのカーフェリーを利用しようか。フェリーターミナルの人に聞いたら、カーフェリーを利用する場合は念のために予約してくださいとのこと。どこまで自転車を分解しなければならないかなど、輪行の仕方を知っておいた方がいいな。

海岸沿いの道である402号線を新潟目指して進む。トンネルが多い道だ。歩道もトンネル内の歩道も狭いが、無いよりはかなりマシなので助かる。
休日であることもあり、砂浜はどこも人が大勢いた。

新潟市に到着。都会さが半端ない。フェリーターミナルの場所を確認。こちらのターミナルは一日何回も船が出ているようだ。5時から乗船券の販売開始のようだ。
明日は自転車屋に行きペダルを交換したい。左ペダルは半壊しているが、右ペダルもおかしくなり、一回転ごとに中でギリギリと部品の壊れる音がする。それと体の休息。夕方にフェリーで佐渡島に行きたい。
21時半頃から本格的な雨が降ってきた。天気予報通りだ。明日も午前中は雨かもしれない。

今日の野宿候補地は臨海公園。この公園のトイレ、出入り口に防犯カメラがついている。雨が降っているので人が来づらいと思うが、都会は基本的に野宿に向いていないな。
公園のトイレ横で雨宿りしているときの事。オカマっぽい人とお姉さんの二人組と会話。旅を応援してくれた。ここら辺は警察や警備員の見回りが来るし、自分も自転車旅行などで人に泊まらせてもらったことがあるから、家で泊まってもいいよと言われた。
うれしいです、お気持ちだけ頂戴いたします。私の対人恐怖の具合だと、無理です。孤立した学生時代や 私の悪口で会話の花が咲く職場などの前例があり、すぐに ほとんどの人から嫌われるようになる私が、泊めなければよかったと思われる前に、せめて仲が良い状態で別れておきたいのです。そのためなら徹夜でも、雨の中でも寝ます。私にも泊まる機会があっただけ幸せです。

関節の痛みなど、休息が必要な要素はあるが、それらが解決したら、ずっと旅が続けば良いなと思う。毎日が新しい情報で、脳の記憶が追い付かないほどだ。一人でもできる、一人でしかできない、最高の一人遊びだよ。

その後同じ場所で、佐渡島からフェリーで戻ってきた自転車日本一周の人と出会った。歳は同じぐらいで、自転車に搭載している荷物の多さがすごかった。同じ場所で寝させてもらうことになりました。なんと4ヶ月間旅をしているのに、まだパンクを一回もしていないそうです。タイヤの厚さもまだ余裕があり、本当にタイヤとチューブ交換無しで日本一周してしまいそうです。ネットカフェでは自転車カバーをかけておくとバイクに見えて悪戯されにくいかもです。エアマットの代わりに銀シートを使っているそうで、それなら破れて空気が抜けて使えなくなる心配がない。北海道0円マップという、0円の温泉地などを紹介するマップが便利だそうです。家に泊めてもらうのは、初めは緊張するけど、すぐに色々話したりして楽しくなるので良いものだそうです。旅の動機、旅の前にやっていたこと、佐渡島の店や道路などの様子、楽しく話すことができて感謝です。ワンタッチテント。缶リサイクル工場。
今日の野宿地はフェリーターミナルの屋根の下。さっき雷が鳴った。それではおやすみなさい。

ジュース400、エネループ2本充電器付き2000、スーパー1400。合計3800円。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
自転車旅行メニュー
名前:夢見草
性別:男
年齢:27歳
住んでいる所:静岡県焼津市
自転車:GREAT JOURNEY 2

このブログの記事一覧
↑過去の記事はここからどうぞ

自転車写真と持ち物リスト

旅の動機
今しかできない事、自分の生まれ育った日本という土地を、自分が生きているうちに見てこよう。

◆旅の軌跡

より大きな地図で ルートをマップ上に表示 を表示
月別アーカイブ
最新コメント
冒険者リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。